【メルマガ】リスキリング  日本は、自社は生き残れるか?②リスキリングとは?自社の戦略は?

今日は前回に引き続き「リスキリング」についての2回目です。 リスキリングとは?     リスキリングと似たワードである「リカレント教育」「アンラーニング」との違いについても見ていきます。       《リスキリング  日 …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】リスキリング  日本は、自社は生き残れるか?①今、なぜリスキリング!?リスキリングに注目が集まる理由

このメルマガを書いている10月22日日経朝刊第一面記事は「円安招いた『日本病』賃金低迷・低成長のツケ」という見出しです。     記事には、定食チェーン「大戸屋」ニューヨーク店での「しまほっけ定食」円換算価格が書いてあっ …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】メタバースに注目! 市場規模2028年になんと110兆円!!④メタバースが普及した未来の姿

メタバース!4回目!最終回です。    今回は、メタバースがもたらす未来を考えます。       《メタバースに注目!市場規模2028年になんと110兆円!!》4/4回 私には関係ない?ことないメタバースとX ~配信予定 …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】メタバースに注目! 市場規模2028年になんと110兆円!!③今、なぜメタバース?市場規模とビジネス利用

メタバース!3回目です。   今回は、経済規模からメタバースのすごさをご紹介。 すでにビジネス利用されている例も紹介しますね!     《メタバースに注目!市場規模2028年になんと110兆円!!》3/4回 私には関係な …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】メタバースに注目! 市場規模2028年になんと110兆円!!②私には関係ない?ことないメタバースとXR

前回に引き続き、メタバース!   今日は、メタバースとごっちゃにされやすい「XR」も併せてみていきます。     《メタバースに注目!市場規模2028年になんと110兆円!!》2/4回 私には関係ない?ことないメタバース …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】メタバースに注目! 市場規模2028年になんと110兆円!!①メタバースとは?次のゲームチェンジャーは誰か?

8月16日、京都では3年ぶりに「五山送り火」が全面点火されました。 お盆に帰っていらっしゃった先祖の霊を送り出す伝統行事です。   点火直前に激しい雷雨がありましたが、無事に点火。 遠くの山に赤々と「大」の文字が美しく浮 …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

全固体電池に着目!日本経済、環境問題、エネルギー自給率問題を同時に解決!?

この「全固体電池」が、失われた30年といわれる日本経済回復の一助になるのではないか。
未来の地球に欠かせない脱炭素への取り組み、
そして安全保障の観点から欠かせないエネルギー自給率向上といった3つの課題を同時に解決できるのではないか。
そんな可能性を感じた「全固体電池」についてお話します。

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】日本のエネルギー政策は!?LNGって何? 6月30日配信

気象庁は27日、九州南部、東海、関東甲信で梅雨明けしたとみられると発表しました。関東甲信では統計がある1951年以降で最も早い梅雨明けだそうです!   酷暑が続く中、電力需要が益々逼迫することが想定されます。    今回 …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】経常収支って何? 国家経営と企業経営 5月31日配信

ロシアのウクライナ侵攻から3カ月が経ちました。     日本も含め、先進各国で物価が上昇しています。 当初は、原油価格の高騰、半導体不足、新型コロナウイルスによるサプライチェーン(供給網)の混乱が背景にありました。さらに …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。

【メルマガ】世界が注目!SAFについて考える 4月28日配信

欧米では、コロナショックから日常に戻りつつある過程で、 急激な需要増加が供給に追いつかず、インフレが進んでいます。   さらにロシアのウクライナ侵攻により、エネルギー価格が高騰。 急激なインフレを抑えるため、アメリカの中 …

続きを読む

この投稿にアクセスするには 会員プラン – Silver-member.をご契約する必要があります。